BDタグが地味に便利。更新の手間を省こう。

BiND CAMP PASSメンバー専用記事です。記事を全て読むには対象商品の購入が必要です。

オカベ
こんにちはオカベです。 皆さんBDタグってご存知ですか? 割と初期からあるBiNDの機能の一つで、特定のコードを書いておけば、いちいち手動で更新しなくてもBiNDが勝手に日付やページ名を書いてくれる地味に便利なやつです。 新しくページを作った時のページタイトルに「[BD:site_name]」など入っているものがそうです。 昔からある割に今まできちんと説明がされていなかったので、今更ですがこちらで・・・。

BDタグとは

BDタグにはいろいろ種類があります。おそらく8種類。
  • [BD:site_name]サイト名(シアターに表示される名称と同じ)
  • [BD:site_createdate]サイトの作成日(BiNDで作成された日付)
  • [BD:site_uploaddate]サイトの更新日(アップロードされた日付)
  • [BD:page_title]ページタイトル名(〈title〉タグの中身)
  • [BD:page_name]ページ名(サイトマップ上の名称)
  • [BD:page_modifydate]ページの更新日(HTMLが書き出された日付)
  • [BD:path_userdata]「userdata」フォルダまでの相対パス
  • [BD:path_root]ルートまでの相対パス

どうやって使うの?

使い方はいたって簡単。BDタグをBiND内で書くだけ。ブロックエディタ内でも、サイト設定内でもどこでも大丈夫。
img_01サイト設定で img_02記事本文中で

もっと詳しく

実際に、これら8つのBDタグをどう使うのか見ていきましょう。