【やってみた】質問に答えたら美容院のホームページが3分でできた!

難しいHTMLやCSSなどは使わず作るのはもちろん、自動でホームページができちゃったらいいですよね。7つの簡単な質問に答えるだけで自分に合ったホームページが作れるという「AiDジェネレーター」を試してみました。

難しいHTMLやCSSなどは使わずに作れるのはもちろん、必要な項目の追加や例文の作成など面倒な作業はできるだけ省いて、もっと、もっと、ラクにホームページが作れたら……。

そんな願いを叶えるのが「AiDジェネレーター」です。最初に7つの質問に答えるだけで目的に合ったレイアウトのホームページを3サイト提案します。文章や写真もあらかじめ業種に合わせて提案されるので、少し手直しするだけでホームページが公開できる、という代物。でも、ここで疑問がでてきますよね。

ai_%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aaaid%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%99%a2

そこで、【東京の美容院/お店を紹介するためのホームページ】とだけを想定して早速試してみました!

サイトの自動生成を始めましょう。

AiDジェネレーターを起動

AiDジェネレーターはBiNDクラウドの新機能ですが、製品サイトから誰でもサイト作成をお試しいただけます。BiNDクラウド「いますぐAiDで作ってみる」ボタンで、AiDジェネレーターを開き、「サイト生成を始める」をクリックします。
%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e8%87%aa%e5%8b%95%e7%94%9f%e6%88%90%e6%a9%9f%e8%83%bd-aid_00

1.基本情報の入力

サイトのタイトルと説明を入れます。サイトタイトルは後で変更も可能ですが、必要な項目です。
今回は美容室を想定したので「salon de ikejiri」というタイトルにしました。
サイトの説明は決まっていなければ飛ばしてもOK
%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e8%87%aa%e5%8b%95%e7%94%9f%e6%88%90%e6%a9%9f%e8%83%bd-aid_02

2.連絡先情報の入力

メールアドレス、電話番号、FAX番号を記入します。こちらも後で追加できるので入力しなくてもOKですが、入れておくと必要な場所に勝手に掲載してくれるので便利ですよ。

住所の入力

住所を入力すると地図が自動で生成されます。会社案内などに入力した住所が真ん中でピンが立った状態で表示されるので、入力しておくのがオススメ。今回はスカイツリーの住所「東京都墨田区押上1-1-2」を使いました。
%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e8%87%aa%e5%8b%95%e7%94%9f%e6%88%90%e6%a9%9f%e8%83%bd-aid_04

3.画像の登録

ロゴ画像とメイン画像を選択します。今回はロゴ画像だけ用意しましたが、メインで使いたい写真がある場合はここで登録してみてください。
個人的には自分で画像を用意するよりも、お任せしたほうがサイト全体がいい仕上がりになる気がします。

どのようなサイトを作成したいかを選びましょう。

4.サイト作成の目的

会社のサイトをつくりたい/事業や活動を紹介したい/商品やサービスのサイトをつくりたい/…などありますが、今回は美容院のサイトなので「お店のサイトをつくりたい」を選びます
aid_generator_ui_06

さらに細かく、お店の商品やサービスを紹介したい/キャンペーンをアピールしたい/ブランドイメージをアピールしたいなどの目的を指定します。ここでは「お店の商品やサービスを紹介したい」を選択しました。

5.何のサイトですか?

コーポレート/サービス/個人・その他の中で、「サービス」を選択すると、選択肢に金融・保険/宿泊/飲食/などの業種が出てきます。ここでは「美容・健康」を選択し、さらに「美容室」を選びましたよ。

6.サイトのイメージカラー

サイトのイメージカラーは、美容室なので高級感を出すために「金」を選択
会社のイメージカラーなどがある場合は、それを選んでみるのもいいですね。
aid_generator_ui_09

7.サイト情報の入力

ここからは選んだ業種によって入力項目が異なりますが、店舗の場合は店名や営業時間、定休日などの情報を入力します。
%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e8%87%aa%e5%8b%95%e7%94%9f%e6%88%90%e6%a9%9f%e8%83%bd-aid_10

7つの質問に答えたら、サイト生成の開始

「サイトを生成」をクリックすると、自動生成が始まります。3つのサイトを作るのに、だいたい3~4分くらいかかるので、動画を見ながらしばらくお待ちください。動画では、サイトをBiNDクラウドで編集するときの手順を紹介しています。

美容院にピッタリな3つのサイトが提案されました!

3つのデザインのサイトを提案

AiDジェネレーターが3つのサイトを提案します。プレビューをクリックするとブラウザで確認できます。基本的に、選んだカラーの中から異なる3つのトーンと、デザイン、構成の違う3種類ができあがります。
aid_generator_ui_12-2

サイトをチェックしてみましょう。

サイトTOP

1番を選んでプレビューしてみました。TOPページにはクールな印象のビルボードに、お知らせエリアとお店について、商品・サービス紹介の4つのコンテンツで構成されています。商品・サービス紹介の文章や写真は、そのままでも十分使えそうな作例です!
aid_generator_site_salon_01

ページ内の画像は気に入ったものがあればmaterialsからダウンロード※して使えます
※画像の利用にはマテポが必要です。詳しくは「materials」の利用要件をチェック。

店舗情報

「お店について」を開いたら、「7.サイト情報の入力」で入力した内容がサイト自体に反映されていました!
これは手間が省けてラクですね!
bind000000000

スマホ対応

レスポンシブWeb対応サイトなので、もちろんスマホにも対応済みです!
sumaho

そのほかにもよくある質問、スタッフ紹介、お問合せ、スタッフ募集など、あらかじめお手本となるコンテンツが作られているので、始めてサイトを作る方ならテンプレートから作るよりも手間がかからずに完成できると思いました。

ai_%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9faid%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%99%a2

気になった方はサイト自動生成機能をぜひ!お試しくださいね。

最新のBiNDをお持ちの方は、BiNDクラウドへログインして、サイトシアターの「目的に合わせて自動生成」ボタンから、「AiDジェネレーター」をご利用ください。

  • 無料で自分に合ったホームページ作りを何度も試せる
  • 同じ条件でも生成しなおすと別のデザインができあがる
  • あらかじめ写真やテキストも適したものが用意されている

関連記事

  • 集客・マーケティング
  • BiNDの使い方

「SEOアシスタント」が手助け!SEO対策でやっておくべき4つのこと

BiNDに新しく搭載された「SEOアシスタント」は、集客に必須のSEO対策を手助けしてくれる機能です。検索エンジンが理解しやすいサイトになっているかサイトのソースを自動チェックするので、エラーが出ている部分を修正するだけでOK。その中でもここは外せないというポイントをまとめました。

2017.10.19 - あい