• オススメ

【保存版】差別化できる、商用OKな海外フリー写真サイト8選

サイト作成やブログの更新に欠かせない、ハイクオリティな写真素材を無料で入手できる海外サイトをピックアップしました。SNSで好かれる自然なテイストや、商業広告クオリティのプロ志向の写真まで、会員登録なしで無料で使えます。

Webサイトを作成したりブログを更新する際、いまや画像は必須。特に、SNSでシェアする際に画像サムネールがないとインパクトの低い投稿になってしまうので、シェア時に使う画像には力を入れたいもの。

時間や予算の制約もあり、すべて画像をオリジナルで作るわけにはいきませんので、便利なフォトストック(写真素材サイト)をいくつか知っておくと便利です。日本にも優れたフリー写真サイトがいくつかありますが、いつも同じサイトのものを使い回していると、どこかで目にしたような気もするし、読者も見飽きてしまいます

今回は、会社や商品販売などのサイトでも使える商用利用OK、クオリティの高い写真がダウンロードできる海外無料写真サイトをピックアップしました。
特に海外ではCC0もしくはクリエイティブ・コモンズ・ゼロと呼ばれる、いかなる権利も保有しないためにダウンロードするユーザーが自由に写真を利用できるサイトが多いので、CC0か否かもそれぞれ記載しました。

1. pexels

クリエイティブコモンズゼロ——CC0(いかなる権利も保有しない)ライセンスの優れた写真サイト。登録されている写真は毎月3000点程度、現在3万点程度の写真があるということです。大規模な有料サイトに比べると数は少ないですが、ハイクオリティな写真を、安心して商用Webサイトや販売物などにも利用できます

https://www.pexels.com/
1_pexels_france-landmark-lights-night

2. Stocksnap

こちらも、CC0ライセンスで使える写真サイトです。キャッチで「高品質でキレイなイメージ」とうたわれていることからもわかるとおり、バッチリとポーズしたようなセッティングされたような写真よりも、スナップ風の風景や、自然なシチュエーションで撮影された人物が多めです。特に人物写真は無料サイトには少なめなので、顔の入った写真を使いたいときはチェックしてみましょう。

MacのFinderバーから素材がクイックサーチできるアプリ「Stockmagic」も配布されていて、ヘビーユーザーに便利そうです。
なお、現在、下で紹介しているPixabayにはStocksnapの写真も含まれてきており、写真を日本語で検索したい場合はそちらで検索してもよいでしょう。

https://stocksnap.io/
Photo: Jonas Svidras @ STEP.CAMERA

3. Unsplash

30万点以上の写真が登録されており、おしゃれでイマドキのセンスの写真が多数見つかります。企業のサイトなどで使うよりは、ブログやファッション系のサイト、ショップなどで使いやすそうなビジュアルのスナップが◎。

無料写真サイトで、商用/非商用の両方の目的で利用できます。CC0ではありませんが、作者名の記載などもいらず、ほとんどの場合はCC0と同じ感覚で利用して大丈夫です(プログラムからサイトの写真を呼び出したりできるようにしたり、本サイトをコピーして公開するようなことは禁止されています)。

https://unsplash.com/
3_unsplash_redd-angelo-370362

4. BARN IMAGES

ラトビア人のふたりのフォトグラファーが立ち上げた無料写真サイトです。多数のクリエイターが投稿するのではないのでテイストが一定しており、味のある写真が多いので、SNSで好まれる写真素材と言えます。
注意が必要なのは、CC0でなく著作権は放棄されていないことです。一般的な無料素材と同じように、写真のクレジットは記載せずに利用・加工・配布できますが、写真そのものを販売・再配布したり、印刷したものを販売することはできません

https://barnimages.com/
Photo by Igor Trepeshchenok / http://barnimages.com/

5. LIFE OF PIX

Adobe Photo Stockでも採用されているハイクオリティな写真が無料で利用できるCC0の写真サイトです。モントリオールにある広告エイジェンシーのネットワークで繋がる写真家によるもので、用途は限定されますが、写真の質の高さが目を引きます。

http://www.lifeofpix.com/
5_lifeopix

6. Kaboompics

女性の写真家がひとりで運営しているCC0の無料写真サイトです。そのためにクオリティとテイストが一定していることに加えて、フェミニンなテイストで、“インスタ映え” しそうなオシャレな写真が満載です。また、各写真についてのカラースキームが提案されているので、デザインをするときにもとても役に立ちそうです。

https://kaboompics.com/
6_kaboom

7. Pixabay

100万点を超える写真、イラスト、ベクターデータを公開しているサイト。商用利用についても無料利用が可能です。日本語が使えることもありすでに多くの人に使われていると思いますが、やはり知っておくと便利!なのであらためてご紹介します。サイト内の収録点数も多く、素材の内容やジャンルも豊か。おすすめできます。

https://pixabay.com/ja/
7_newborn-1328454_1280

8. Gratisography

インパクトのあるブログのサムネール写真や、ヘッダー画像を作りたいときに役立つ奇抜なアイデアが光る写真が揃っています。点数は少ないですが、たとえば、着ぐるみの写真などもありますのでサイト内をブラウズしてみると面白い発見があるはずです。

写真家による個人プロジェクトです。無料で、商用・非商用で無料で利用できますが、再配布は禁止です。たとえば、ほかの写真サイトに転載したり、ほかのユーザーに画像をコピーして渡す、写真そのものを販売ことはできません。

https://gratisography.com/
8_gratisography_442h-1

  • 他とサイトを差別化したいなら海外フリーサイトを知っておこう
  • クリエイティブコモンズゼロ—CC0ライセンスの素材がオススメ
  • サイトだけでなくSNSの投稿にも素材の影響力は大きい

関連記事

  • デザイン

シングルページで映える、トップ画像のポイントまとめ

Webサイトのデザインでもっとも重要な場所は、なんといってもアクセスしたとき一番最初に目にするトップ画像です。スマホサイトが主流な今、このトップ画像のサイズ感や特性も以前とは変わってきました。ここでは、ターゲットごとに適したいいトップ画像とは何かを紹介します。

2017.05.11 - ミヤザキ