BiNDの新しいアニメーション機能

BiNDでは、初期バージョンから、当時としては新しかったタブ、アコーディオンや、SHiFTと呼ばれるスライドショーなど、主張しすぎない上品なアニメーションを搭載してきました。今回は、最新のBiNDで入れたいと思っているアニメーションのお話です。

おはようございます。いつも新機能のネタ探しに忙しい、開発の四家(しが)です。

BiNDは、2007年にリリースされて以来、HTMLなどの知識がなくても、大企業に負けないクオリティのウェブサイトが作れるツールとして、開発を続けてきましたが、何よりも重要と考えてきた事のひとつに、「多様なウェブサイトが作れるツール」であるという事があります。

スマホが主流になった昨今、マテリアルデザインやPWAなど、UXの観点からウェブを統一しようという流れも盛んなワケですが、ウェブの多様性を信じる我々としては、より目を引く、楽しいウェブ表現に注目したいワケです。

特に、最近注目しているのが、様々なアニメーション効果です。

BiNDでは、初期バージョンから、当時としては新しかったタブ、アコーディオンや、SHiFTと呼ばれるスライドショーなど、主張しすぎない上品なアニメーションを搭載してきました。
2016年にリリースしたBiND9でも、ブロックアニメーションやゴーストヘッダーなど、画面スクロールに合わせて実行されるアニメーションを搭載しましたが、今、新バージョンに向けて、ページからページに切り替わるときのアニメーション効果「ページアニメーション」を開発中です。

上品な印象のフェード効果や、

page_anim_fade

ダイナミックなローテイトまで、

page_anim_rotate

いろいろなエフェクトを搭載予定ですので、是非、お楽しみ頂ければと思います。
この効果を設定すると、結構、ウェブサイトの印象が変わりますよー!

夜にはヤモリが窓に這い回る、真夏のIIDより。

  • 常に、多様なWeb表現をリサーチ
  • BiNDの新しいアニメーションは、ページアニメーション
  • 上品な効果からダイナミックなものまで検討中

関連記事

  • 開発ブログ

【テンプレート制作秘話】BiNDでできなかったデザインにチャレンジ

BiNDの顔ともいうべきテンプレートは、毎年楽しみにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。新しいBiNDのテンプレートはどんなデザインなのかをちょこっとお見せするとともに、こういう機会でもないとお伝えできない、BiND10のテンプレートのコンセプトについてお話ししたいと思います。

2017.08.10 - オモト