サイトシアター改善計画【前編】

BiNDで作ったサイト、通称マイサイトが並ぶサイトシアター。日々業務で使っていると膨大なサイトの数になり管理に困っている近年。その問題を解決すべく、どんなサイト管理の仕組みにしようか試行錯誤中です。

デジタルステージのデザイナーは日常的にBiNDでサイト作成を行っている訳ですが、チームでDrop Box共有を使い編集している事もあり膨大なサイト数の管理に非常に苦しんでおります。
となると当然、サイトシアターがカオス状態になるという始末。
きっと長年BiNDを使ってくださってるユーザーの皆さんの中にもそういう方は多いと思われます。

BiND8のタイミングでマイサイト検索が出来る様になったもののカオス状態を脱した訳ではありません。

サイトシアター改善計画

現在のサイトシアター。膨大なサイトデータが無差別に表示される為、目的のサイトを探すのに手間が掛かります。

解決するにはサイトをフォルダ管理するしかない訳です。

長年熱望しておりましたが、大きな機能アップが優先され、なかなか食い込めないのがこう云う地味な部分の改修だったりするものでして。
今回基礎部分を見直すコンセプトもあった為、これでもかってくらいの改善要望を繰り出し見事サイトシアターの改修に踏み出せた次第でございます。

UIデザイナー・ニタバルの画面仕様書をチラ見せしながらご説明してまいりましょう。

念願のフォルダ管理

サイトシアター改善計画

サイトシアターの画面設計仕様書。フォルダを作ってサイト管理が出来ます。

これは嬉しい。
非常に嬉しい。

これでカオス化していたサイトシアターがすっきり大変身する事でしょう。
毎日積み重ねる使用部分の負担を減らすのは使う側にとってとても助かる事であります。
そんな訳で新バージョンは細かすぎて伝わらない改修も含めて大いに励んでおりますので乞うご期待。

とにかく複数選択して操作したい

サイトシアターの改修は、それだけではありません。
例えばこちら。

サイトシアター改善計画

ゴミ箱の画面設計仕様書。完全削除は勿論、ここからの復元も可能。定期的に自動削除する仕様にするかは悩む処。

私は作業上テンプレートをひとまず開く事が多いのですが、すると当然サイトシアターにはどんどん不要なサイトが溜まっていきます。
それをひとつひとつ手動で削除。
これがなかなか面倒で、いっぺんに削除出来たらなぁと思い乍ら幾星霜。

しかも誤って削除しようものなら戻せない。
大事なサイトデータを誤って削除してしまった時の絶望感ったらないですね。
ゴミ箱に一旦入る方式にした方が二段階で確認出来るので誤削除も起き難いのは確かです。

フォルダ移動もドラッグアンドドロップで動かしたい。
ちなみにゴミ箱へのドラッグアンドドロップは事故が起き易いのでやめておきましょうと云うのは開発ディレクター四家さんの提案。
成る程。

等々、
機械的な繰り返し処理を手数に任せるのは非効率なので、なるべく仕組みで解決させたいなと常日頃から構想している訳です。
そんな細かいけど使ってる人にこそ嬉しい機能を実現すべく、BiND10を開発中です。

サイトシアター改善計画【後編】へ

  • 毎日積み重ねる使用部分の負担を減らしたい
  • 不要なサイトを一括で削除したい
  • リスクがある操作は便利過ぎる事が仇になる

関連記事