サイトの公開に欠かせないサーバーとドメイン設定を自動に

今回のBiNDupでは、Webサイト制作に欠かせないサーバー環境とドメインについて改めて考えてみました。
WebLiFE*サーバー、BiNDクラウド共に独自ドメインには対応しており、昨年は常時SSLにも対応しましたが、

設定が難しい…と云うか面倒臭い

ドメインを取得した際の情報を自分で調べて、各社の管理画面やらで行き来して確認、設定するので、手順が多いし、専門用語が多いしで色々大変です。
Webサイトを作るのであれば必ず通るこの部分の改善は大きな課題でありました。

BiNDupで「お名前.com」の独自ドメインが直接取得可能

これまでドメイン提供会社で独自ドメインを取得して、そこからサーバーに設定すると云う流れだったので、それぞれの設定が必要でしたが、BiNDupでは取得から設定まで全て一貫して行える様になります。

初期設定ウィザードで取得したいドメインを検索して選択するだけ

方法も簡単で、初期設定ウィザードに沿って設定していくだけなので迷いません。
取得したいドメインを検索して価格と相談しながら選択できます。その後はBiNDupの専用サーバーに独自ドメインが自動設定される仕組みです。
しかもSEO対策に必須となった常時SSLもセットで自動設定されます。

ドメイン検索画面

更に36種から選べる初年度無料のドメインをプレゼント!

お名前.comの汎用型ドメインから選べるので種類は豊富ですが、そのうち初年度無料のドメインをご用意しました。

これは嬉しいですね。
以下の36種類の中からお選び頂けます。

.work  .tw  .cloud  .organic 
.site  .life  .asia  .press 
.xyz  .top  .bio  .support 
.club  .world  .company  .email 
.online  .info  .green  .shop 
.pw  .fun  .group  .blue 
.space  .tech  .host  .mobi 
.tokyo  .me  .ltd  .pink 
.website  .biz  .network  .red 

その他、人気の.jpや.comなどを含む有料ドメインが352種から選べます。

サーバーのFTP情報も自動で挿入

幾度となくBiNDでWebサイトを作り公開設定をする中で毎回思っていた事ですが、

サーバーのFTP情報を入力するのが面倒臭い

最初に設定するだけでも「あれ?サーバーのIDとパス何だったっけ?」となる面倒な処ではございますが、独自ドメインを使用していると更に「アップするディレクトリは何だっけ?」となります。
今回のバージョンアップでその問題に終止符を打ちました。
予めBiNDupで設定されているFTP情報をプルダウンから選べる様になるのです。

ドメイン選択プルダウン

プルダウンを選択するだけで、自動でFTP設定情報が挿入されます。

FTP設定画面

これまで独自ドメイン設定で指定したディレクトリが分からず、別の場所に公開してしまったり、公開出来たとしても2箇所にサイトが存在してしまったり色々ご不便お掛けしました。
これで解消です。

こう云ったWebサイト制作に必要不可欠な設定をきめ細やかにフォローするのは非常に大事なことだと認識しております。
更に使い易くなる様アップさせて参りますのでご期待ください。
BiNDupについて詳しくみる