5大クラウドストレージ徹底比較。グループワークの仕事効率化に役立つのは?

データをクラウド上に保存・共有でき、グループワークなどに欠かせないクラウドストレージ(オンラインストレージ)。無料で使え便利ですが、どれも同じだと思っていませんか? 今回は代表的な「Dropbox」「OneDrive」「Google Drive」など5つのサービスを徹底比較してみました。

クラウドストレージとは、インターネット上にファイル保存・共有できるように設計されたサービスです。オンラインストレージ、オンラインファイルサーバーなどと呼ばれることもあります。

Webサイトを複数人で制作する際は、原稿や写真などの素材の受け渡しや、デザイン案チェックなどのやり取りが発生します。そんなときクラウドストレージなら、チームメンバーでいつでも同じフォルダにアクセスできるため重宝します。

無料で使えるサービスも多いので、結局どれが一番便利なの?と知りたい人のために、代表的な5つのクラウドストレージの機能と特徴をまとめて紹介します。まず最初にクラウドストレージそのものについて、まとめておきましょう。

目次

・クラウドストレージはなぜ使うべきか?
・使い分けがオススメ!5大ストレージサービスを徹底比較

cloudstrage1

クラウドストレージはなぜ使うべきか?

クラウド上にファイルなどを保存できると、どんなメリットがあるでしょうか? 従来の方法でデータを使うときのデメリットを上げながらいくつかポイントを紹介しましょう。

容量の大きなデータをどんな相手でも届けやすい

相手に大きめのデータを送りたいとき、電子メールなら「添付書類」を使う方法がありますが、容量制限があったり相手の環境によってはメールボックスが一杯で届けられない場合があります。また希に、ファイル名の文字が「化けて」読めなくなったり、「圧縮ファイル」の使い方が分からないと言われたりすることも。

大容量ファイルを送るときには「ファイル送信サービス」もありますが、Webページからファイルを「アップロード」し、相手にリンクを送るのに時間がかかるので渡すときに手間が発生がちです。何より「ダウンロード期限」があるため、いざファイルを閲覧したいときには、すでに消去されて困ることもあります。

クラウドストレージは、自分のPCのハードディスクの代わりのように使えるため、データのアップロードの手間が少なく、すぐに相手にデータを共有できます。また容量にも余裕があり、消去期限もありません。

データをどこからでも利用できるようになる

出先で使うデータを自宅や職場のPCの中に置き忘れ困った経験がある人は多いと思います。また、スマホにあるデータをどうやってPCに移動すればいいのかわからず諦めている人もいるかもしれません。

クラウドストレージはオンラインならどこにいてもデータを取り出すことでき、もちろんPCだけでなくスマホやタブレットでもデータを保存・読み込みできるので、データ移動に使うのも便利です。

共同作業にとても便利

チームメンバーみんなで大きなファイルのやりとりするとき楽々なのはもちろん、最新のデータを参照するとき誤って過去のデータを参照してしまうなどのトラブルもなくなります。履歴ファイルをバックアップするだけでなく、サービスによってはテキスト原稿の校閲作業をオンラインで行うこともできます。

万が一に備え、データのバックアップができる

スマホの水没・破損で大切な写真やメッセージなどをまとめて消失したら大変!…スマホにクラウドストレージのアプリを入れて自動同期しておけば、オンライン環境(設定によってWiFi環境に限定することも可能)で自動的にスマホの写真や書類をバックアップすることができます。こまめに手持ちのデータをバックアップすることは「心がけ」として大切ですが、ついつい忘れがちですよね。
さらに、個人のパソコンはコンピュータウィルス感染や老朽化で起動しなくなったら一発でアウトですが、大規模なデータセンターでデータを管理しているクラウドストレージなら、データが一発で消えてしまう可能性は限りなく低くなります。

法人向けのビジネスサービスを使うメリット

クラウドサービスは「インターネットの危険にさらされているので会社で禁止されている」企業の方もいるかもしれません。現在は、個人向けのサービス以外にも企業アカウント所持者でしか利用できないなど、セキュリティや履歴管理、バックアップの頻度が多いなどビジネスに特化したGoogle G-SuitやDropbox for Businessのようなサービスも登場しています。

Evernoteと何が違う?

実際のところ、ファイルの閲覧や共同編集であれば、Evernoteでも同様の作業ができます。ただしEvernoteはファイル単位、ブック単位での作業になるので、Web制作やグラフィック制作など「素材」や「コーディングファイル」をフォルダ管理したいときには不向き。
管理の面で見ると、クラウドストレージの共有フォルダのほうが便利です。

使い分けがオススメ!5大ストレージサービスを徹底比較

これだけメリットがあって無料から使えるクラウドストレージ、導入しない手はありません。続いては、主要サービスの概要と特長を紹介していきます。どれも基本的にはサーバー容量によって料金が変わりますが、複数のサービスを使えばかなりの大容量を課金なしで保存できます。今回紹介するものは、iCloud Drive以外、Mac/Windows/iPhone/Android/Windowsフォンで使えます。

1.クラウドストレージの代表格、Dropbox

便利に使えるクラウドストレージの代表格です。Dropboxを設定すると、PCのデスクトップや書類フォルダのような感覚で登録したPCのすべてで指定フォルダ内のファイルを同期できます。Dropboxフォルダはどのパソコンでも同じ環境が常に保たれシームレスに利用できるので、作業環境の違いを感じられなくなるほどです。

スマホアプリをインストールすれば、PCのデータをスマホからすべて閲覧できます。この場合スマホにはデータが保存されていません。必要になる毎にオンラインで参照することになるので、通信環境がない場所でファイルを参照する予定がある場合は「オフラインで参照可能にする」オプションを使って予めファイルをダウンロードしておきましょう。

注意点としては、共有フォルダを設定した場合に、基本設定では1人のユーザーがファイルを削除または移動するとそのほかのユーザーの環境からもファイルが削除されること。ファイルの移動をする際は、全員にとって不要なのかどうかを考え、オプションを選択しましょう。

dropboxのウェブサイト

有料サービスでは1TBの保存領域が得られるほかファイルの履歴保存が可能になるので、バックアップシステムとしても利用価値があります。法人向けにはDropbox ビジネス版があります。

2.Office 365と連携するなら、OneDrive

  • 無料容量:5GB。
  • 公式サイトへのリンク
  • 単体の有料版は50GBで月額249円の1プランのみ。Office 365やOffice 365 soloを利用している場合は1TBまで追加料金なしで利用できる

マイクロソフトのクラウドドライブです。Office 365に契約していれば、OneDriveは1TBまで利用できるので使わない手はありません。そして、機能面での特長は、Office 365との連携です。WordやExcelのドキュメントを使う場合、OneDriveとOfficeオンラインとの連携により、ブラウザベースのアプリやスマホアプリを使い、Officeのドキュメントの管理・作成・共有がスムーズに行えます。

個人版ではOneDriveのサーバー接続のみですが、ビジネス版ではSharePointも接続できます。PCアプリのUIについてはWindows版のほうが優れていてデスクトップ上のフォルダやファイルと同じように扱えます。

Macユーザーが注意したい点は、ドライブに保存するファイルの圧縮方式がWindowsのみの対応となっている点です。Macで圧縮したzipファイルはWindowsと互換にならず、相手の環境で文字化けする場合があるようです。必要な際はCleanArchiverなどのユーティリティを使いましょう。また、MacではアプリをインストールしてもFinder上でフォルダの共有設定ができません。そのため、ファイルの同期以外のほとんどの操作はブラウザ上で設定します。

ビジネス版は、OneDrive for Businessで、単体利用のほかOffice 365とセットで利用できます。

OneDriveのWebサイト画面

3.無料で使える容量が大きい、Google Drive

  • 無料容量:15GB(※ただしメールボックス、高解像度写真を含む)
  • 公式サイトへのリンク
  • 有料版は100GBからスタートし、1TBごとに年額15600円

Googleの提供するクラウドドライブサービスです。WindowsではiCloudもないですから、人気がありますし、無料領域が大きいのも特徴です。またGmailを使っていればそのアカウントですぐに利用開始できるので、登録手続きの手間も少ないでしょう。

スマホアプリはサービス名と同じくGoogle Driveです。また写真のバックアップをしたいときはGoogle Photoアプリを使いましょう。デスクトップのアプリはGoogle バックアップと同期という名前になっていて、ドキュメントのバックアップと同期、写真のバックアップがまとめて行えます。

Google Driveはファイルの共有をした際、作成者のドライブのみ容量が消費され、共有された相手は容量を消費しません。すべての人が容量を負担する必要がある他のサービスに比べて容量が節約できます。また、1ファイル単位の最大容量が決められているサービスが多いなか、Google Driveは5TBと非常に大きく、動画を含め大概のファイルは問題なくアップロードできるでしょう。

ビジネス版は、G Suiteに含まれています。

google driveのサイト画面

4.Amazon Primeと検討するなら、Amazon Drive

  • 無料容量:なし
  • 公式サイトへのリンク
  • ※アマゾンプライム利用者に限り、Prime Photoが適用され写真の保存が制限無しで保存可能。
  • 有料版:1TBごとに年額13800円

Amazon Driveはデータのバックアップや個人向けクラウドとして使う利用イメージです。AWSの人気に裏打ちされたクラウドですから、信頼度は高いサービスと言えるでしょうが、ファイルのグループ活用のような機能はいまのところありません。

バックアップにはスマホではAmazon Drive、およびPrime Photoというアプリがあります。PCでもAmazon Driveアプリがあり、簡単にファイルの同期ができます。

Amazon Driveのサイト画面

ちなみにAmazon Primeの契約で利用できるようになる容量は写真(静止画)は無制限です。ビデオとそのほかのファイルは5GBまでとなります。

Mac・iPhoneユーザーに使いやすい、iCloud Drive

iCloud Driveは、個人のためのデータバックアップとクラウドストレージ機能に、少数の家族や知り合いとライトなファイル共有を行うイメージで使うサービスです。利用者は当然、iPhone、iPad、Macユーザーに限られますが、OSレベルに統合されているところはさすが使いやすいです。

macOS HighSierraでは、初期設定で「デスクトップ」と「書類」フォルダは、自動的にiCloud Driveと同期しています。これで、ノートパソコンとデスクトップを複数使い分けている場合も、デスクトップへの「うっかりデータの置き忘れ」を心配する必要がなくなりました。

スマホのiPhoneやタブレットのiPadといったiOSでは「フォルダ」の機能が使えるようになったため、iCloud Driveに保存したデータは「フォルダ」から閲覧できるほか、iPhoneからも「フォルダ」に保存すればPCからデータを開くことが簡単にできます。これで、PCに送りたいために、画像やファイルをメールで送ったりする必要もなくなりました。

ファイルの共有リンクの作成などは簡単ですが、フォルダやファイルを共有してチームで共同作業するといった機能は想定されていないらしく、あくまで、ちょっとしたファイル単位の共有や大容量データのメール送信の補助用として使う設計です。

難点は、写真の保存領域は無料ではないことです。スマホの写真や動画をクラウドにおくことができますが、すぐにディスクがいっぱいになってしまうことを考えると、容量が心配ならオフにする、大きめの契約する、定期的に別のクラウドにもデータをバックアップしておくなど策を講じるべきでしょう。

Apple iCloud Driveのサイト画面

いかがでしたか? 主要のクラウドの特徴をつかんだら、さっそく利用してみてください。クラウドストレージの便利さは、ふだん出先などで使ってみて実感できるものです。ぜひお試しください。

ホームページ作成と運営の省力化・効率化には、どこにいてもWebブラウザから更新できるBiNDクラウドがオススメです。

  • クラウドストレージは、インターネット上のサーバーにデータを保存し、バックアップやデータ共有ができるサービス
  • 最近では個人向けに加え、会社組織やグループで使う法人向けビジネスプランもある
  • サービスによって料金や共有機能などに差があるので自分の目的・環境・予算にあったものを選ぼう

関連記事

  • Web作りのコツ

やるべきタスクを忘れずこなす! 人気Webサービスのリマインダー機能の使い方

仕事のToDo(やることリスト)やスケジュール管理に便利なタスク管理ツールはあれど、スモールチームやフリーランス同士で使うならどんなツールがよいでしょうか? 今回はGoogleカレンダーやSlackなど人気サービスでのリマインダーツールについて紹介します。

2018.04.10 - 宮崎 綾子
  • Web作りのコツ

グループの情報共有を効率化!メールに代わるコミュニケーションツール3選

外部制作者などグループのやり取りにメールだけで限界を感じたら、コミュニケーションツールの導入をお勧めします。管理がしやすいだけでなく、ディスカッションもしやすく、漏れやケアレスミスが減り情報共有を効率化するメリットも。今回は人気のあるGoogleドキュメントなど代表的な3つのサービスの使い方を紹介します。

2017.12.28 - 宮崎 綾子